葬儀でのマナーはきっちり

自分の葬儀を考えるとき 成人し社会に出ると、仕事を覚えるだけではありません。人との付き合いも勉強の一環となります。結婚式や葬儀に出席するということもあるでしょう。かしこまった場での礼儀やマナーを身につけておかなければなりません。服装、行動により、自分が恥をかくだけでなく、周りに迷惑をかけてしまう場合もあります。

まずお通夜、告別式で注意しなければならないことは、女性であれば派手なメイクやネイルは避けましょう。また男女共に共通することですが、お酒を飲みすぎて羽目を外しすぎないことです。告別式であれば久しぶりに会う友人、知人もいる場合もありますが想い出話で盛り上がり笑いすぎないことです。場所をわきまえましょう。また、お経を読まれている際に、どれだけ疲労が溜まっていたとしても居眠りだけは絶対にやめましょう。

そして服装ですが、これも女性は派手なものは持たず、肌の露出も最低限に抑えましょう。また、もしお子さんが参列する場合には幼稚園、小学生の場合は制服が望ましいです。しかし、もし無い場合には地味な洋服で女の子もヘアゴムは黒のシンプルなものにしましょう。男性に関しては黒のスーツに、黒ネクタイ、靴や靴下も黒で統一するのが当然です。

おすすめ!