感情があふれる葬儀の後

自分の葬儀を考えるとき 大切な人が亡くなって葬儀を行ったあとには、様々な感情がでてきます。その感情をケアすることも周りの家族の役割だといえます。辛い気持ちになって現れる症状も、睡眠障害などがあります。故人をおもいだしてしまうことで、夜に眠れなくなることもあるので、心のケアが必要になります。心理的症状として現れますので、一概に悪いことではありませんが、号泣などの行動反応になることも少なくありません。誰しも悲しみというのはやってきますので、自分一人で生きているということが辛くなると、より悲しみが大きくなってしまいます。

しかし、これらを時間が克服することもあります。通夜や告別式などの時にお世話になった人にあったり、また新しい出会いなどがあると人間は強くなることができます。判断力の低下をしていた人でも、行動によって判断力が向上してきますし、高齢者では孫の面倒を見ることによって責任感が生まれて自分の存在意義を強く持つことができます。新しい生活をスタートさせるためには、故人の話を避けることも必要ですし、忘れるような生活スタイルになることも大切になります。そして、法要の時などにおもいだすことによって、故人を偲ぶことができます。