葬儀の後に起こる感情があります

自分の葬儀を考えるとき 葬儀をした後には、亡くなった直後の無感覚などが訪れることがあります。これは大切な人を亡くした遺族に起こることですが、中にはパニック状態になるひともいますので、注意をしておくことも必要です。亡くなった直後ということでは、号泣や怒りに震える人もいます。亡くなり方によりますが、敵意が出てきたりすると家族にも当たる人がいます。そして、自責の念に駆られる人は強い感情が現れてきますので、静かなる抵抗をする人もいます。

様々な悲しみの形が現れますので、喪失感というのは人間にとっても大きな成長をする糧だとわかります。次々と繰り返し表れる喪失期を乗り越えることによって、閉じこもりなども変化が出てくるようになっています。新しい人生を示していくためには、新たな社会関係を作っていくことが必要になりますので、喪失感から乗り越えた人生というのは責任を持って行動をすることが多くなります。すべてのことに判断をするのは自分になりますので、人が亡くなった後の精神的な行動を見直していくことで、環境を変えることができます。葬儀というのは個人を見送るための儀式でもありますが、喪失感をかみしめるための場になり、大きな成長をする場でもあります。

おすすめ!