葬儀によって人は成長をしていきます

自分の葬儀を考えるとき 人が生きているということは、必ず死を迎えることになります。また人生の中で死別などによって愛する人を失うと、深い悲しみに包まれることで生活の中でも張りが亡くなってしまいます。悲しみを克服することが人生の役割でもあると感じることができます。愛する人を亡くすことによって、何年にも渡って精神の状態が変化をしますが、葬儀や方法をすることによって成長をすることもできます。遺族が体験することによって、精神的に乗り越えなければいけないので、人間としての生き方にも影響を及ぼすといわれています。

人が亡くなったことによって、心が大怪我をしたような状態になりますが、自然に元の状態に戻っていくのが人間です。悲しみを続けているよりも、生きていることによってより感謝ができる気持ちがわいてきますし、多くの人の支えによって生活環境が変わってきます。故人のいない環境に適応していくことは、珍しいことではなく当たり前の感情として行動ができるのが、葬儀をやった後の人間の強さということがわかります。新しい心理的な強さができることによって、人間としても大きくなり、また社会との関係を作っていくことができます。人は人間的に成長することを目的としています。

おすすめ!