女性の葬儀におけるスタイル

自分の葬儀を考えるとき 女性はオシャレが大好きです。けれど大人になればなるほど、TPOに沿った服装をすることが大切になってきます。それに沿ったおしゃれをしないと、場違いな世間知らずの女性と言う様に世間には映ってしまいます。外見より中身とは言いますが、やっぱりある程度、服装などの外身でも、その人のセンスや基本的な人となりって、透けて見える時があります。特に冠婚葬祭と呼ばれる結婚式や葬儀などは、非常識はNGです。

葬儀などでしめやかに喪主を務めている女性は、喪服一環でも不謹慎ですが美しく輝いています。未亡人などはなぜか何も身につけなくても、不思議な輝きを放っています。そもそも葬儀には、何もアクセサリーを身に付けない方が、本当は相応しいとされています。それでもパールのネックレスやイヤリングなどを最低限のアクセサリーだと感じて身に付けて行きますよね。けれど本当はノーアクセで赴いても全く失礼には当りません。むしろ好ましいですから、あまり気にすることはないでしょう。完全にご法度とされるのは、パイソン柄やレオパード柄などのアニマル柄です。足元やバックなど、黒い洋服に合わせると、きれいに映えるのですが、喪服は絶対やってはいけません。

おすすめ!