意外と知らない葬儀の香典マナー

自分の葬儀を考えるとき 大切な人が亡くなった時に、お葬式に参列をしますが、意外と知られていないのが葬儀の際の香典マナーです。お葬式自体そんなに参列するものではありませんので、知らなくても問題ないのではないかと思われがちですが、いざという時のためにマナーを知らないと恥をかいてしまいますので、注意が必要です。お香典は、葬式の際に遺族の人に対して現金を渡すことです。ここで気を付けたいのが、仏式葬儀に関してのみ「香典」と呼ばれることです。神式の場合には、香典ではなく、「御玉串料」か「御榊料」と呼ばれます。そして、キリスト教の場合も、「御花料」となりますので、相手の宗教を確認する事を忘れないようにしましょう。

気になる香典は、何時渡せばよいのでしょうか。少し前までは、お通夜は親族で過ごすものだと言われていました。ですので、香典を渡すタイミングは、親族以外の人は葬儀や告別式のタイミングになります。ですが、近年お通夜も親族以外の人が集まる事もありますので、香典はお通夜のタイミングで渡すと良いでしょう。ですが、場合によってはお通夜のタイミングで香典を受け取る準備が出来ていないかもしれません。そう言った時は、香典を持っていても、出来る限り渡さないで、挨拶だけにしておきましょう。